開店祝いで定番とも言えるのが花のギフトです。開店祝いでは、時計や置物などのずっと残る記念品もいいのですが、オーナーの趣味やまだ開店していない店の雰囲気に合うかどうか、置く場所によるサイズなども難しい部分です。無難でありながらも華やかさを与えることができる花は、多くの人に選ばれています。花のギフトにはたくさんの方法があり、予算や店舗の内装に合わせて選ぶことができます。鉢植えの胡蝶蘭やスタンド花、カゴのアレンジメントなどがあり、立札を付けてもらうのが一般的です。開店の日もしくは前日には届くように早めに手配することが重要であり、火を連想させる赤は店の火事を招いてしまうと思われてしまう可能性があるので、赤の花にしないなどのマナーも重要になってきます。

開店祝いで定番とも言えるスタンド花

一般的には開店祝いというとスタンド花が利用されています。スタンドは花屋からの貸出になり、人の目線に近い高さに花をいけることになるので、人目に付きやすく店舗の入り口に設置してもらえれば店の前を通った人に大きなアピールをすることができます。予算に合わせて一段や二段にして飾ってもらうことができ、オアシスと呼ばれる吸水性スポンジにいけてあるので、水を取り換えずに水を足すだけで、開店したてで忙しいスタッフの手を煩わせることがありません。スタンド花は、場所を取ってしまうことから事前の連絡が欠かせません。入り口付近に置く場所があったとしても、他の人からもスタンド花がたくさん集まってしまえば置き場所がなくなってしまうこともあります。また、建物の管理人から廊下には物を置かないように注意されているケースもあるので、相談してから発注するようにします。

鉢植えの胡蝶蘭やかごのアレンジメントでも

スタンド花になればある程度の予算が必要になってきますが、ちょっとした知り合いだけれども開店祝いを贈りたいという場合にはアレンジメントが向いています。2000円程度の小さなものから作ってもらうことができるので、予算に合わせて利用ができます。また、店舗の外にはスタンド花を置くことができないという店舗であれば、店内に飾ってもらうにもアレンジメントが活躍をします。鉢植えの胡蝶蘭も開店祝いとして人気がある花のギフトであり、アレンジメントを置くような棚が店内にはないという場合であっても、胡蝶蘭であれば床にそのまま置いてもらっても違和感がありません。胡蝶蘭は高級感を出すことができるので、高品質な商品を取り扱っている店舗にはぴったりの花のギフトになるでしょう。