友人や親戚、仕事で付き合いのある人などが何らかのお店をオープンさせた時、それを祝福する気持ちを込めて贈り物の一つでも送ってあげるのが大人の対応といえるでしょう。そんな時、シンプルながらもストレートに思いが伝わるお花というチョイスは実に最適の選択肢と言えるもの。幅広い年齢層にとってとても喜ばれる贈り物となるはずです。しかしこうやって開店祝いにお花を贈る場合には注意すべきこと、常識ある社会人として知っておくべきことがいくつも存在するのを忘れてはいけません。これらを忘れていた、知らなかったでは大変な失礼をしてしまうケースも多いですし、最悪の場合には相手を怒らせてしまう場合もあるでしょう。それでは開店祝いのお花選びではどのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。その最も基本的なところを見ていきましょう。

開店祝いのお花で絶対にNGなのはどんなもの?

開店祝いのお祝いの気持ちを表現するのだからできるだけ華やかで店内を賑わせてくれる花を選びたいという思いが働く人もいるでしょう。しかし注意したいのはそのお花が放つ匂いや花粉といったもの。飲食店の場合には特に香りは食を楽しむ上でも重要な項目ですので、お花の香りがそれを邪魔することは決してあってはなりません。またお客さんに花粉症の方もいらっしゃるかもしれないので、強烈な花粉を放つものはNGです。さらに開店当初はお店の切り盛りも大変なので、世話の大変な花束などを送られてもなかなか水やりなどが困難なもの。花瓶などが足りない事態にも見舞われてしまいます。そしてもう一つ重要なのが古からの伝統です。一般的に開店祝いでは赤い花はNGとされており、これはお店というものが最も火、つまり火事を恐れるからに他なりません。こう言った伝統や迷信なども重要ですので、心がけて選ぶ必要があるのです。

最も喜ばれる選択肢が胡蝶蘭などの鉢物になる理由とは?

それでは逆にどのようなものが開店祝いにふさわしいと言えるのでしょうか。まずは赤いものは避けたいところなので、それだけでも様々な華やかな花が排除されてしまいます。その上でもう一つ伝統やしきたりに関して言うならば、開店祝いに最もふさわしいのは地道に根を張るという考え方です。その商売が順調に発展してその場所に根を張って切り盛りしていけるためにも、観葉植物を始めとする根を持った鉢物を贈るという選択肢は極めて喜ばれることでしょう。鉢物と呼ばれるものの中でもやはり最も人気のあるものが胡蝶蘭です。とりわけ真っ白なカラーの胡蝶蘭はこのような開店祝いにずらっと店先に並んで目を楽しませてくれることでもよく知られます。他にも同じように胡蝶蘭を贈る方も多いでしょうが、あえてこのように無難なチョイスをすることによって店先や店内を統一感溢れる形で彩ることも可能となり、贈られた本人にも大変喜ばれることでしょう。