開店祝いにはさまざまなアイテムが選ばれていますが、無難ながらも喜んでもらえるアイテムに花があります。物を贈るとなれば、オーナーの趣味に合っていて気に入ってもらえるか、まだ開店していないので分からない店の雰囲気に合うかどうかなど不安がありますが、花であればどんな店舗であっても華やかにすることができるとともに、お客さんへの新店オープンのアピールにもつながります。しかし、どのようにして加工してもらうのかは難しい選択です。一般的にはスタンド花にして贈られることも多いのですが、場所や他の人からの開店祝いとの兼ね合いも関係することから、事前にオーナーに相談しておくことは重要です。サプライズも喜んでもらえる演出ですが、失敗のないようにすることが先決です。

開店祝いで多く利用されているスタンド花

開店祝いで花を贈るとなると、スタンド花が一般的です。花屋から貸し出しがされるスタンドに花をいけてもらうことになり、アピール力の高いアイテムになります。店先に設置すれば、たまたま店舗の前を通りかかった人にも新しく店がオープンしたことを伝えることができ、集客力にもつなげることができます。予算に合わせて作ってもらうことができ、一段にしたり花の量が多ければ二段にしてもらうこともできます。しかし、店舗によっては贈ったことでかえって迷惑をかけてしまうことにもなります。店先にスタンド花を設置できるスペースがあればいいのですが、なければ店内に置いてもらうことになるので圧迫感を与えてしまうことにもなります。また、店先のスペースがあっても、他の人からもたくさんのスタンド花が来てしまえば置き場所がないというトラブルにも発展します。事前に連絡を入れて相談することは非常に重要です。

開店祝いはスタンド花以外のアレンジでも

スタンド花を置く場所がないという店舗であったり、ちょっとした知り合いだけれども開店祝いとして贈りたいという場合には、アレンジメントが向いています。オアシスと呼ばれる吸水性スポンジにいけてあるものであり、かごに入っているので花瓶を用意してもらう必要がありません。水は換えることなく足してもらうだけなので、開店で忙しい中でもお世話に手を焼くことがありません。予算的には、1万円以上のボリュームがあるものから2000円程度の小さなものまで作ってもらえるので、予算に合わせてお願いすることができます。これ以外にも、男性スタッフが多い店舗や植物のお世話が苦手というオーナーであれば、プリザーブドフラワーがいいでしょう。生花を特殊加工したものであり、水をあげなくてもしばらく美しく咲き続けます。

「大切な記念日をうっかり忘れてしまった」「急に花束を準備しなければならない・・・」など、急いでお送りする必要が出たときなどもお任せください。 当社では、様々な場面におけるお花のギフトの宅配サービスを行っており、様々なこだわりを持ったオーダーも承っています。 イラスト付きでわかりやすく、お手入れのポイントをまとめていますので、普段あまりお花を触らない方にも安心してお花をプレゼントして頂けます。 開店祝いに豪華な花を贈りたいなら